hiyodori_patransの特許翻訳日記

特許翻訳のあれこれを綴るブログです。

フリーランスあるいはプロの心構え

先日、久々にテレビでプロフェッショナル・仕事の流儀を見ていると、声優の 神谷浩史さんの回でした。

ネットで検索してみると、とても有名で人気のある方なんですね。

 

発言の一つ一つがとてもよかったです。

人気商売ではまったくない私ですが、フリーランスとしてソロで仕事をしている人なら感じるところがあるはず。

 

記憶に残ったところを書いてみます。

(この通りではなく、こんな感じの内容の発言をされていたということで、記憶違いなどありましたらご容赦下さい。)

 

 

役ごとに七色の声を使い分ける、すごい声優さんもいるが、自分はそういうタイプではない。

「自分に自信なんかないですよ、だから努力を重ねるしかないんです。」

自分の仕事に満足することはない、という。

現場で何を求められているか常に考える。

 

最近、ステージに立って出演する機会が増えていることに対してどう思うか?という問いかけに対して、

「好きなわけないじゃないですか。顔出さなくていいから声優やっているというのに」

と答える。

でも、求められたことにはそれ以上の成果を出せるようにベストを尽くす。

努力するしかないじゃないですか、と。

なんの保証もない日雇いの仕事なので、声がかからなければ、次はない、という神谷さん。

 

 

・・・この緊張感ってフリーランスの人ならみんな感じるところではないでしょうか。

自分の代わりっていくらでもいる、という。

 

現場の音声監督と相談し、確認し、台本にメモをとる神谷さん。

その打合せに基づいて、本番ではリハーサル時と発声(表現)を変えていく。

 リハーサル時と本番時とビフォー&アフターの音声が放映されましたが、

素人の私にはとても微妙で区別がつきにくいくらい。

でも、これを積み重ねていくと、全体の作品としての出来が違ってくるんだろうなと。

 

もう、この姿勢のすべてが素晴らしい…

私の職業はフリーランスの翻訳者(それもかなり狭い分野)ですが、

才能あふれるわけでも、語学の天才でも、何かの専門家でもなく、

人より突き抜けた何かがあるわけでもありません。

だからこそ、20年同じ仕事をしていようが、年齢を重ねようが、

常に求められるものが提供できるように努力を続けることが大事だとかみしめました。

 

この「求められるもの」も変わっていく。

これまでのスキルや過去がどうであったかに固執することなく、自分も変化させていくことが、ずっと現役でい続けることではないでしょうか。

 

機械翻訳の進化により人の翻訳は不要になる、という話も聞きますが、

現時点で人の翻訳が必要とされているならば、求められる品質を提供すべく努力を続けるしかない。

 

期待に応えて認められるということは純粋に嬉しい。

(とたしか、神谷さんも言ってたはず)

自分の好きなこととか、やりたいこととか、青い鳥を探し求めなくても

仕事のやりがいとは、そういうところにあって、それだけでも十分なのかもしれません。

 

ギグ・エコノミー

"ギグ(gig)" と聞いて何を思い浮かべますか?

私は、ミュージシャンのライブが真っ先に思い浮かびます。

が、gig(ギグ)とは、短期間の仕事(job)という意味もあるそうです。

 

ギグ・エコノミー 人生100年時代を幸せに暮らす最強の働き方

ギグ・エコノミー 人生100年時代を幸せに暮らす最強の働き方

 

 

終身雇用やフルタイムといった従来の働き方が徐々に崩壊し始めており、「ギグ」と呼ばれる単発の仕事を組み合わせる働き方が浸透するであろう

ー というこれからの働き方を紹介する本です。

 

 

人生100年時代」という聞き飽きた感のある副題がついていますが、現在フリーランスの私にはとても役立つ一冊でした。

 

「10の成功法則」を挙げて順番に詳しく説明しており、フリーランスの行動指針となりそう。よかったので、そのまま引用してみます。

 

「ギグ・エコノミーの10の成功法則」

① みずからの成功を定義する

② 働く場を分散させる

③ 生活保障を設計する

④ ネットワーキングをせずに人脈をつくる

⑤ リスクを軽減して不安に立ち向かう

⑥ 仕事(ギグ)の合間に休みをとる

⑦ 時間への意識を高める

⑧ 柔軟性のある家計を組み立てる

⑨  所有からアクセスに切り替える

⑩ 老後の資金を貯める

 

ライフシフト」よりも実践的で付箋を貼りながら読んでしまいました。

簡単なエクササイズもついているので、私もいくつかやってみました。

 

今でこそ、人生100年時代とか、働き方改革とか、副業とか、いろいろ言われていますが、まだまだ正社員の道から外れることに抵抗のある人も多いのではないでしょうか。

 

敷かれたレールもなく、自分のキャリアパスを考えてくれる会社もなく、すべて自分で舵取りをしなくていはいけないとは、不安…と感じる人も多いはず。

 

そんな不安に対して、「ギグエコノミー」の社会をどう生きるべきか、どんなよい点があるのか、著書では説明しています。

 

例えば、「仕事がない時」をどう考えるか。

仕事と仕事の間の時間(失業期間、次の仕事に移るまでの期間)を使って、「死ぬまでにやりたいことリスト」を片付けたり、個人的生活の多角化と拡大化につとめることができる、など仕事の合間を作る利点が挙げられています。

  

収入の不安定さに対する不安にどう対処するか。

 

最悪の事態(例えば、ホームレスになってしまう)、そのリスク、可能性、対策を考え、不安を分析する方法が紹介されています。

固定費を小さくし、所有しないこと。

所有する代わりに、「アクセスエコノミー」を利用することを勧めています。

「引退に備えて貯蓄せよ」という勧めもなかなか興味深い。一生働き続けるつもりでも、なかなかそうはいかず、病気や怪我で早めに仕事を引退せざるを得ないことが多いとのこと。

 

そして、一生 存続する職業(ジョブ)がないということは、それだけいろいろなことが試せるということ。

 

 

しかし、「ギグ・エコノミー」は明るい側面だけでないのも事実です。

 

日本の社会構造はまだまだ、身分保障として「勤務先」がある方が有利なことが多いです。仕事と仕事の合間ができて収入がなくても、最低限の支出は必ずあります。ベーシック・インカムを導入するという考え方もありますが、現実味はまだまだ日本では感じられません。

 

そして、経済的に満足のいく職業生活が送れるかは、結局「ギグ」の内容次第。

「単発の仕事が基盤となるギグ・エコノミーはスキルの経済であり、スキルの高い労働者が勝ち組に入る」と著者も指摘しています。何をもって「勝ち」とするのかは議論の分かれるところですが。

単発の仕事の積み重ねが「最強の働き方」になるかどうか。フリーターとの分かれ目はやはり「スキル」にあるということでしょうか。 

ソースクライアントかエージェントか

翻訳者が仕事を受けるルートとして、ソースクライアントから直接受注する場合と、エージェントを介する場合とがあります。

単価でいうなら、直受け(特許翻訳の場合は特許事務所)の方がともすれば倍近く高かったりします。

このため、出来るだけ特許事務所から直受けしたいという方もいらっしゃいます。

「稼ぐ」という一点に絞れば、エージェントの割合を減らし、特許事務所から直接受けたほうがいいです。

 

が、私はエージェント経由の仕事も結構好きなのです。

翻訳会社から仕事を受けるメリットとは何か、考えてみました。

 

 

①いろんな分野が体験できる。

 

特許事務所は、電気分野に強いとか、化学分野に強いとか、得意分野がある場合が多く、それに伴ってお客様(メーカーなど)も固定されてきます。

特に、規模の小さい個人事務所だと、毎回同じような分野がくるので、少々飽きてしまうことがあります。

 

仕事の受け方にもよるかもしれませんが、私はもともと自分の専門分野があるわけではないので、幅広くどんな分野もクライアントも受けています。そのため、出願件数が膨大な大企業からだけでなく、その特許に社運をかけているような規模の小さい会社からの仕事もたまに受けることがあります。下町ロケットの世界ではないですが、こんな発明もあるんだな、と大変興味深いです。

私個人では、なかなかそこまで幅広く仕事をとってくるのは難しい…。

個人的には、この「いろんな分野ができる」というのが最大の魅力です。

 

 

②リスク分散ができる

 

特許事務所の景気はもろに、そのお客様の企業の景気に左右されるので、どうしても波があります。もちろん、エージェントもその景気の波の影響を受けるわけですが、翻訳者個人が抱えるよりも多くのお客様と取引ができるため、そのリスクも分散できるのではないでしょうか。特許翻訳が減っていても、別の分野の翻訳を代わりにふってもらうことも可能です。

 

③スケジュールが組みやすい

 

相手先との関係性によりますが、依頼を断っても自分の代わりはいくらでもいるので、心理的に断りやすかったりします。ただ、依頼を断る場合、問い合わせをするという先方の時間を無駄にしてしまいます。そこで、スケジュールをあらかじめ伝えるなどの気配りは必要です。また、自分の予定に余裕があれば、至急案件やちょっと面倒な案件も受けるといった日ごろのサービスも必要かと思います。

 

④チェック体制がある

 

これも翻訳会社によると思いますが、チェックしてもらえるのはありがたいです。いつもフィードバックがあるとは限りませんが、どんな細かい内容でも、「こういうところを見られているんだな」と勉強になります。

特許事務所では技術者がチェックするので、チェッカーとは見るポイントが異なっているような気がします。表現の統一、訳抜け、数値の誤記、表記の揺れまでを見てくれるのは、やはりチェッカーさんではないでしょうか(もちろん、自分でもチェックすることが大前提ですが)。

 

⑤営業活動をしてもらえる

 

定期的にお客様を訪問したり、お客様の評価や満足度を調査したりしている翻訳会社が多いと思います。やはりこの点ありがたいです。裏を返せば、ここが自分の営業努力の足りないところですね(^^;)

 

 

ここまで、エージェントを介することのメリットを書きました。

もちろん、直受けの場合も、納期の交渉を直接行える、質問があれば直接聞ける、などの利点が多々あります。

半々くらいの割合でおつきあいするのが理想かな、と思っています。 

特許翻訳に必要な英語レベルとは

特許翻訳を始めてみたい方、どんなものか知りたい方のために、連載でお届けします。

 

目次はこちら → 特許翻訳ビギナースガイド

前回の記事はこちら → 特許翻訳者ってどんな人?

 

さて、今回は「特許翻訳に必要な英語力とはどれくらい?」についてお話したいと思います。

 

特許翻訳には、英語が聞き取れる、流暢に話せる、というスキルは必要とされません。文書の読み書きだけです。

必要な技能は「正確に英文が書けること」です。

 

とはいえ、どんな読み書きレベルなのかは実際の例を見たほうがわかりやすいですね。

誰でも知っている例で見てみましょう。

前記事(特許翻訳の仕事はどこからくるのか )でも紹介した、アマゾンのワンクリック特許

商品の注文画面に「1-Click (TM) で今すぐ買う」というボタンがありますよね。名前や住所やクレジットカード番号を入力しなくても速攻注文できるという、アレです。

 

米国特許5960411の冒頭部分です。

The Internet comprises a vast number of computers and computer networks that are interconnected through communication links. The interconnected computers exchange information using various services, such as electronic mail, Gopher, and the World Wide Web ("WWW"). The WWW service allows a server computer system (i.e., Web server or Web site) to send graphical Web pages of information to a remote client computer system.

インターネットについての説明ですね。

この記事に関心を持って下さった方は、辞書も必要なく読める方も多いのではないでしょうか。

難しい構文は一つもなく、修飾関係が分からないということも全くない明解な文章です。英検1級も必要ないでしょう。

 

では、引き続き、特許翻訳の中でも一番難しいと言われる、権利範囲について書かれた部分。

ワンクリックで注文するときのコンピュータでの処理について書いてあります。簡単な処理ですが、イメージしやすいように補足も入れてみました。

 

A method of placing an order for an item comprising:

under control of a client system, ← クライアントシステム=注文側のPCやスマホなどの端末
displaying information identifying the item; and ← 注文画面が表示される
in response to only a single action being performed, sending a request to order the item along with an identifier of a purchaser of the item to a server system; ← ワンクリックで購入者のIDと共に注文オーダーが送信される
under control of a single-action ordering component of the server system, ← サーバーシステム=アマゾン側での処理
receiving the request; ← 注文を受信
retrieving additional information previously stored for the purchaser identified by the identifier in the received request; and ← 購入者IDの情報(住所とかカード情報とかですね)を検索取出し
generating an order to purchase the requested item for the purchaser identified by the identifier in the received request using the retrieved additional information; and ← 発注する
fulfilling the generated order to complete purchase of the item ← 注文商品調達
whereby the item is ordered without using a shopping cart ordering model. ← こうしてカートに入れずに注文できます!

 

どうでしょうか。改行してあるところで切って読んでみてください。

ワンセンテンスで書かなければならない、という構文上の制約はありますが、英文自体は簡単ではないでしょうか。

意外にそれほど難解な英語がわからなくても、書けるのでは?もしかしてそんな高度なレベルは必要ない?

と思われたかもしれません。

そうなんです。文芸作品よりもよっぽど簡単なんです。

もちろん、英検1級くらいのレベルはあった方がよいですが、英検1級以上、TOEIC900点以上というのは、あくまで翻訳者を採用するうえでの目安です。

 

ここで考えるべきは、何のための翻訳かということです。

翻訳している対象とは「特許文書」です。

正確に過不足なく誤解の生じないように明確に訳文を作ることができればいいわけです。感動させたり、心の機微に訴える必要はありません。

 

そして、「特許翻訳」の読み手は誰かを考えます。

まず、特許事務所の弁理士さん、企業の発明者・知財担当の方。ここまでは日本人。

そして次に読むのが審査官。特許庁から送られてくる書簡に記されている審査官の名前を見ると、アジア系やインド系やルーツも様々なようで、必ずしも生粋のネイティブではないかもしれません。

特許が公開になった後は、ネイティブ以外の人も読むでしょう。

 

以上をふまえると、ここで目指すべきは「平易な英語」です。

ということは、ネイティブレベルのこなれた英語が必要なのではなく、原文を正しく読むことができ、正しい文法で明確な英文を作成することができる、というのが最重要です。

「微妙なニュアンス」や「こなれた英語表現」が不要ということは(むしろ回避すべきと私は考えます)、留学や英語圏内での生活経験も不要です。後天的にこつこつと勉強して身につけることのできる技能という点では、特許翻訳は誰にでも目指しやすい仕事でなないかと思います。

  

平易な英文とは

一文を短く、受動態を避ける、専門用語(jargon)を避ける、とかいろいろ言われます。

私が特に大事だと感じる、いくつかの点は以下の通り。

・文法的に正しく書く。

・頭から読んでいって一度読んだだけで理解できる

例えば、「~が~である場合、~すれば~となる」とか「~することにより~になるので、~という効果が得られる」とか、一文が長いときは、情報を整理したほうがよいでしょう。

・凝った言い回しや、見慣れない表現を避ける。

間違っていないとしても、独りよがりになりがち。クライアントに警戒されます。

・語法・誤用に気をつける。

例えば、「レーザ光を走査する」という表現がありますが、そのまま訳せば、scan laser light となります。しかし、scan が目的語にとるのは走査する対象なので、scan  an object が正しい語法です。

 

このように、アウトプットする英文自体は難しくありません。

が、日本語の原文がわかりにくいことが多々あります。一文が長いことが多いです。また、訳すものの内容自体が馴染みがなく、なかなか内容がつかめないこともあります。むしろ、英語よりこちらが問題となることが多いかもしれません。

英語にアウトプットする前に日本語の情報を整理することが、一番の腕の見せ所ではないでしょうか。

 

そして、最終的にはお客様の好みや意向に沿うことがとても大事です。たとえ、正しく翻訳ができていたとしても、チェックされたときに「あっているのかどうかわからない」と思われると困ります。また、訳語や表現について指示があるときは、何らかの背景や事情があることが多いので、その意図を汲む必要があります。

 

言い換えれば、このあたりのさじ加減を調整するのが、特許翻訳の醍醐味といえるでしょう。

文芸翻訳やエンターテイメント系の翻訳に比べれば、特許翻訳は一見、面白くなさそうに見えますが、「いかにロジカルに平易に書けるか」という一種の思考トレーニングの場でありとても奥が深いと思います。

 

さて、最後に。

 

簡単な英語でよいなら、英検2級でもいいの?と思われそうなのですが、それはさすがに…もうちょっと要りそうな気がします。

客観的な目安で言うなら、TOEIC900点以上より、英検1級。英検よりは工業英検。さらに、特化するなら、知財翻訳検定というのもあります。

英検1級レベルの文章が読める必要はありますが、必要とされる単語の守備範囲が異なるかと思います。

これについては、別記事「特許翻訳の勉強方法」で書く予定です。