hiyodori_patransの特許翻訳日記

特許翻訳のあれこれを綴るブログです。

翻訳の仕事っていつまであるのか、考えることがあるなら

週末読んだ本です。

 

 

自分を成長させる 最強の学び方

自分を成長させる 最強の学び方

 

 

 

 

 

特におすすめが「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」。

 

通訳翻訳分野のAI開発が進んでいて、

私たちの翻訳の仕事っていつまであるの?

ずっと続けられるの?

と思うことがあるなら、もっと広い視野で自分の人生設計を考えるべき。

そんなとき、この本は考えるヒントを与えてくれます。

これまでの「教育→仕事→引退」の3ステージモデルが崩壊している今、

生涯にわたって成長と変化を続けていかなければならない、と

腹をくくることができるはず。

「生産性資産」「活力資産」「変身資産」の3つのお金に変えられない資産を

が取り上げられています。

例えば、生産性資産の一つとして「評判」があるとし、異なった業界や業種を渡り歩くうえで、個人の評判(ネット上などの)は引き継がれていくという話。

これまでの余暇は「レクリエーション(=娯楽)」に費やされていたかもしれないが、

これからは「リ・クリエーション(=再創造)」に使うのだという話。

 

1945年生まれのジャック、1971年生まれのジミー、1998年生まれのジェーン、

と3世代にわたる架空の人物の人生のシナリオが描かれており、

自分ならどのシナリオでいくのか?と考えさせられます。

 

特許翻訳の仕事がAIに取って代わることなく、いつまで存在するのか。

それは誰にもわかりません。

でも、これまで習得した翻訳技術にしがみつくことなく、

新たに学びなおし、自分を変化させ続けることが大切。

どう変化させていくのか。

これは、自分に絶えず問いかけ続け自分を見つめなおし続けるしかありません。

そして、動いてみる、テストしてみる。この繰り返しになるかなと。