hiyodori_patransの特許翻訳日記

特許翻訳のあれこれを綴るブログです。

「積層」はどう訳す?

積層=複数の層を積み重ねること。広辞苑第六版)

 

いろんな分野の明細書で出てきますが、

ひとくちに「積層」といっても、英語にすると訳語はさまざま。

 

まず、

laminate

貼り合わせてあるイメージですね。

laminate は、名詞なので「積層体」ですね。

laminate に動詞もありますが、laminated glass(薄層を貼り合わせてある), laminated card(日本語で言うラミネート加工のイメージ)のように、

laminated XX (名詞)の形でよく使います。

 

stack

半導体装置の分野でよく使われています。

stack = to arrange objects neatly in a pile (出典: Oxford Advanced Learner's Dictionary)

この定義がしっくりきます。

stack を名詞として使えば「積層体」とすることもできるし、

動詞として「積層する」の意味にも使えます。

 

layer

layer は「層」なので、層状に積み重ねるイメージです。

動詞としても名詞としても使えて便利。

multilayer あるいは multilayerd であれば「多層の」という形容詞で

多層構造 multilayer(ed) structure となります。

 

deposit

材料を蒸着などにより、「積層する」(=層を形成する)ときに使えます。

 

これに関連して、「積層造形」という技術もあります。

「積層造形」は additive manufacturing。

この場合、「積層する」は、to add layers of material と表現してもいいかもしれません。buid up でもいいかも。

 

まとめると、

貼り合わせて(接着)あるなら laminate、積み重なっているなら stack、

層状になっているなら layer、材料から層を形成していくなら deposit、

という感じでしょうか。