hiyodori_patransの特許翻訳日記

特許翻訳のあれこれを綴るブログです。

「前記複数の」「複数の前記」はどう訳す

クレーム内での単複表現は頭を悩ませる問題の一つ。

 

「前記複数のXX」

「複数の前記XX」(あるいは「前記XXは複数である」とか)

という表現は、どう訳されてますか?

 

この訳が絶対に正しいという決まりはないと思います。「クライアントの意向」があればそれに従う、がベストアンサーではないでしょうか。

メーカーの担当者やクレーム起草者もよく勉強されているので、「英文ではこう書いて欲しい」とくみ取れる日文が書かれてある場合も多いです。

 

どんな書き方があるか、以下で考えてみます。

 

「前記複数のXX」

 

クライアント指示がなければ、"the plurality of XX"より"the XX"とするほうが読みやすい。the plurality of という表現が英語としておかしいという指摘もあります。ただ、the plurality of を好まれる方もいるようです。

ここで、theとするかsaidとするか、の問題もあります。最近は、できるだけ特許文書だけで使われるような硬い表現を避ける向きがあるので、the でよいと思います。

私は、昔はsaidで書くように言われていたことがあり、saidで書いていましたが、the に移行しました。でも、指摘を受けたことはありません。theは絶対に避けるべき、避けてほしいという指示も多いです。が、saidで書かれたUSPもよく見かけます。

 

 

「複数の前記XX」あるいは「前記XXは複数である」

これは、独立請求項では単数で表現されていたのに、従属項で「複数の前記XXは~」と記載されるパターン。

このパターンの対処法:

① 初出で、at least XXとし、従属項でthe at least XX comprising a plurality of XXsとする。

② 初出で、a XX とし、従属項で a plurality of the XXsとする。

 

<①の場合>

「複数の前記XXは~する」という原文の場合、①の書き方だと原文と離れるので、少々迷うところ。また、初出の "at least XX"が既出では"the at least XX"となるので、該当箇所が多ければ少々冗長な感じがします。

 

日本語の原文で「前記少なくとも一つのXXは、複数のXXを含む」と書かれた明細書を見たことがあります。翻訳に配慮したすばらしい原文!もちろん日本語通りすんなり訳せました。

 

<②の場合>

 英語としておかしいという指摘もあるものの、クライアントからの指定がなければ、私はサクッと "a plurality of the XXs"と書いてます(楽なので)。「Faber も、Chapter 3 Apparatus or Machine Claimsの§3:11でこの形を例として挙げています」と一応、根拠も示せるので。

 

たまたまなのか、明細書の質が向上したのか、クレームの中で単数がいきなり複数になったり、など悩ましい日本語クレームが最近は減っている気がしますが…。

いかがでしょうか?