hiyodori_patransの特許翻訳日記

特許翻訳のあれこれを綴るブログです。

特許翻訳の仕事はどこからくるのか

特許翻訳を始めてみたい方、どんなものか知りたい方のために、連載でお届けします。

 

目次はこちら → 特許翻訳ビギナースガイド

前回の記事はこちら → そもそも特許翻訳って何?

 

発明の特許をとるための「特許明細書の翻訳」。

この翻訳の仕事はどこからくるか?

いくつかのルートがあるのでご紹介します。

 

 

 

特許翻訳が翻訳者に依頼されるまでのルート

 

① 出願人 → 特許事務所 → 翻訳会社 → 翻訳者

② 出願人 → 特許事務所        → 翻訳者

③ 出願人 →         翻訳会社 → 翻訳者

④ 出願人 →              → 翻訳者

 

ここで、「出願人」とは?

特許を出願する人のことです。発明者自身が出願人になる場合もあるし、発明者が勤務している企業が出願人になる場合もあります。大学と企業が共同開発していて、大学名がになっていることもあります。

仕事で翻訳する案件は、企業が出願人の場合が大多数を占めています。

 

特許事務所」とは?

発明者自身が自分で特許庁に出願することもありますが、ほとんどの場合、代理人を立てます。出願人や発明者自身が、自分で明細書を書いて、書類を揃え、特許庁からの審査結果に対応するのはとても大変です。そのため、その道のプロに頼みます。これが「弁理士」です。弁理士さんが「特許事務所」を開業します。

特許事務所も規模が様々で、100人を超える大所帯から、一人で開業されている方もいらっしゃいます。

 

 

① 出願人 → 特許事務所 → 翻訳会社 → 翻訳者

 

翻訳者が翻訳の仕事をとるルートは、①と②の場合が多いのではないでしょうか。

 

①の翻訳者は、フリーランス、または翻訳会社に勤務している場合。

 

翻訳会社からフリーランスで翻訳の仕事を得るときは、トライアルを受け登録するのが一般的でしょう。

翻訳会社は、特許翻訳を専門にする会社も多いです。「特許部」のように、他のジャンルの翻訳とは別に部署を設けているところもあるようです。

 

翻訳会社内に翻訳者がいて翻訳をすることもあります。

 

翻訳会社の探し方は、ネットで検索することも可能ですし、↓ こちらでも定期的に翻訳会社からの求人があるようです。

 

アメリア」(会員制のため年会費が必要です)

https://www.amelia.ne.jp/userTop.do

 

② 出願人 → 特許事務所 → 翻訳者

 

②の翻訳者は、フリーランス、または特許事務所に勤務している場合。

 

フリーランスで特許事務所から直接仕事をとるには、紹介、求人への応募といった方法が考えられます。

 

特許事務所に就職・勤務するには、求人を見て応募することがほとんどではないでしょうか。

私は、大昔に特許事務所に就職したので、当時の求人媒体は新聞でしたが、今はネットでも探すことができます。

 

「パテントサロン」

http://www.patentsalon.com/jobs/offer/index.html

求人欄が充実していて翻訳者募集もよく見かけます。

 

ほとんどの特許事務所がホームページを持っていて、翻訳者を募集していることも多いので、この求人を見て直接応募することも可能です。

 

 ③ 出願人 → 翻訳会社 → 翻訳者 

 

③のルートで、特許事務所をすっとばしているのはなぜか?

 

実は、外国に出願する場合、

 

出願人 → 日本の特許事務所 → 海外の現地特許事務所 → 海外の特許庁

 

という経路をたどることが多く、経由するところが多い=それだけコストがかかるのです。なので、日本の特許事務所を介さずワンストップで外国へというわけです。

 

リーマンショック後、不況のため、仕事が減ったり単価が下がったりという翻訳者も多いと思います。その頃、コストを抑えたい企業のために生まれた新業態といえるのはないでしょうか。

 

④ 出願人 → 翻訳者

では、④の出願人から直接、翻訳者へと仕事が入る場合とは。

出願人が企業である場合、社内に知財部とか特許部とかいう部署があります。特許事務所に依頼せず、社内で手続きをするときはこの場合にあたります。

また、大企業で知財部から翻訳部門をスピンオフさせて別会社を作っていることもあるようです。こういった会社からの翻訳者の求人も目にすることがあります。

 

まとめ

 

このように、翻訳者の手元に翻訳書類が届くまで、様々なルートがあります。

上に簡単に紹介したように、このルートそれぞれから、仕事を得ることが可能です。

主なルートは、翻訳会社に応募・登録、特許事務所に就職または応募、ではないでしょうか。

 

次回「特許翻訳はどういう人がやっているのか/どうやって特許翻訳者になるのか」で、詳しくご紹介できればと思います。