hiyodori_patransの特許翻訳日記

特許翻訳のあれこれを綴るブログです。

特許翻訳者ってどんな人?

特許翻訳を始めてみたい方、どんなものか知りたい方のために、連載でお届けします。

 

目次はこちら → 特許翻訳ビギナースガイド

前回の記事はこちら →  特許翻訳の仕事はどこからくるのか

 

今回は、特許翻訳はどういう人がやっているのか?どうやって特許翻訳者になるのか?についてお話します。

 

前回 「特許翻訳の仕事はどこからくるのか 」

にも書きましたが、特許翻訳者は、特許事務所に勤めているか、翻訳会社に勤めているか、フリーランスのいずれかがほとんどかと思います。

 

どんな人がなっているか?

まず、フリーランスの場合

フリーになる前の経歴ですが、私の知る範囲では、

1.特許事務所に勤めていた

2.翻訳会社に勤めていた

3.メーカーの研究開発系に勤めていた

4.理系の学部・院卒

に当てはまることが多いようです。

 

他の分野の翻訳者は、通訳その他の仕事と掛け持ちされている方も多いと思いますが、特許翻訳と通訳と兼業されている方はごくわずかではないでしょうか。

特許翻訳翻訳者から名刺を頂いたら、「通訳・翻訳」と肩書に入っているので、「通訳もされているんですねー」と聞いてみると、「いえ、今はしていません」という答えを聞くことが多かったです。

 

そして翻訳専業であっても、特許翻訳専業の方も多い印象です。基本的に納期に追われるので、だいたい予定が入っていて他の分野の案件を入れにくいということもあるかもしれません。

 

翻訳者同士で話していると、「特許翻訳やっていると、他の翻訳できなくなってくるよね」という会話をすることがよくあります。

それだけ、言い回しが特殊なのか…。

 

上記1.~4.以外にも、翻訳スクールからというルートが今後もあり得るのかもしれません。昔は、特許翻訳を教えてくれる学校や講座というものがほとんどなく、特許事務所に入って実地で覚えていくことが一般的でした。

 

では、特許事務所にどうやって入るか

 

中途採用の活発な業界なので、普通に求人に応募することが可能です。

今から10年以上前だと、翻訳者も不足しており飽和状態になかったため、まだまだ初心者でも採用されることが多かったです。

が、今でも未経験でも採用しているところは探せばあるはずですし、いきなり未経験でフリーランスよりは道が開けているのではないでしょうか。

特許事務所って、普通の大きな会社と比べて、所長の好みが色濃く出るところなので、事務所との相性も大きいような気がします。

 

ちなみに、私は二か所で勤務経験があるのですが、一か所目の採用方法は、履歴書と面接のみでした。もう一か所は、半日缶詰になって、一般教養試験、翻訳試験、面接何回かを受けました。ここでの翻訳試験の内容は、特許ではなく一般的な文書で、きちんと正確に英語が読めているか、作文できるかが見られていたのでは、と推測します。

 

一方で、翻訳会社に登録するためのトライアルでは、特許明細書の翻訳以外の課題は見たことがありません。経歴が見られる場合が多いと思いますが、氏名と課題提出のみでトライアル合否が決まったこともあります。

 

そして、特許翻訳者は、理系出身か文系出身かというのもよく話題になります。

 

よくネットの掲示板で「高度な専門知識を持っていないと特許翻訳者になれない」とか、「英語が少々できたくらいでは到底無理」とかいう書き込みを見かけることがありますが、実際には、全員が「理系院卒で、英検1級、TOEIC900点以上で、深い専門知識を持っている」という条件にあてはまるわけではありません。

少なくとも、私は上記の条件に当てはまらないし、当てはまらなくても、特許翻訳者として活躍している人はたくさんいます。

 

自分の専門外のことであれば、技術内容を調べ、関連文献を読み漁り、ときに日本語の不備にウンウン悩みつつ、翻訳しているのが実情ではないでしょうか。

 

特許翻訳者のバックグラウンドはさまざま、理系の人とは限らない、資格が必須というわけでもない。しかし、特許翻訳をする適性はあるような気がします。

 

根気がある

体力がある

孤独に強い

勉強が好き

 

「根気がある」

とにかく特許翻訳は正確性が命。訳抜け、数字間違い、係り受け間違い厳禁。関連性のある文献を読みこなす根気。

かといって、細かい重要性の低いところにとらわれていると、気力も時間も持たないので、メリハリも大事。

 

「体力がある」

座り続けて頭だけを酷使するのも意外に体力がいります。

 

「孤独に強い」

人と話さずひたすら黙々と作業します。しかしこの適性はフリーランス翻訳者すべてに必要ですね。

 

「勉強が好き」

訳す文書は、とにかく原文も堅いので、決してワクワク面白く楽しいというわけではありません。それでも、黙々と読みこなし、理屈を理解することに面白さを見出せる人が向いているかなと思います。すっきり論旨の通った英文が書けると、なかなか爽快です。あと、わからないこと、知らないことを調べるのが好きとか。言い換えれば、この辺に特許翻訳の魅力があるのではないでしょうか。

 

 

 以上、私の限られた経験の中から、どんな人が特許翻訳者になっているのか、思い出しつつ書いてみました。

感想・ご質問もお待ちしております。↓ ↓

https://docs.google.com/forms/d/1BaITwV2RIw3lm4ZlC7YaabAdsPjyR8NbRDe8u8KC__4/edit